1 救命救急センターに患者が集中しない仕組みの推進


キーワード|院内トリアージ実施料夜間休日救急搬送医学管理料|地域連携小児夜間・休日診療料|地域連携夜間・休日診療料

平成24年度診療報酬改定の改定項目

救命救急センターに患者が集中しない仕組みの推進 骨子【重点課題1-3-(1)】

第1 基本的な考え方
救命救急センターに患者が集中しない仕組みを推進するため、二次救急医療機関等の救急外来受診の評価や、重症者が優先的に受診できる仕組み(トリアージ)の一層の推進を行う。

第2 具体的な内容

1.院内トリアージを実施している場合の評価の新設

(1) 夜間、深夜、休日の救急外来受診患者に対し、患者の来院後速やかにあらかじめ定めた院内トリアージ実施基準に基づき、院内トリアージを実施した場合の評価を新設する。

(新) 院内トリアージ実施料 100点

[算定要件]
当該保険医療機関の院内トリアージ基準に基づいて専任の医師または専任の看護師により患者の来院後速やかに患者の状態を評価し、患者の緊急度区分に応じて診療の優先順位付けを行う院内トリアージが行われた場合に算定する。

[施設基準]
① 院内トリアージの実施基準を定め、定期的に見直しを行っている。
② 患者に対して、院内トリアージの実施について説明を行い、院内の見やすいところへの掲示等により周知を行っている。
③ 専任の医師または救急医療に関する3年以上の経験を有する専任の看護師が配置されている。

(2) 院内トリアージ実施料の新設に合わせ、地域連携小児夜間・休日診療料院内トリアージ加算は廃止する。


2.二次救急医療機関等における救急外来受診の評価


(1) 二次救急医療機関における深夜・土曜・休日の救急搬送患者に対する外来での初期診療に対する評価を行うため、新たに医学管理料を新設する。

(新) 夜間休日救急搬送医学管理料 200点(初診時)

[算定要件]
救急用の自動車(消防法及び消防法施行令に規定する市町村又は都道府県の救急業務を行うための救急隊の救急自動車、並びに道路交通法及び道路交通法施行令に規定する緊急自動車(傷病者の緊急搬送に用いるものに限る))及び救急医療用ヘリコプターを用いた救急医療の確保に関する特別措置法第2条に規定する救急医療用ヘリコプターにより搬送された患者

[施設基準]
第二次救急医療施設として必要な診療機能及び専用病床を確保している医療機関


(2) 地域の開業医等との連携により、地域において多数の救急患者を受け入れるための救急体制を整えている医療機関の評価を引き上げる。

現行 改定
【地域連携小児夜間・休日診療料】
1 地域連携小児夜間・休日診療料1 400点
2 地域連携小児夜間・休日診療料2 550点

【地域連携夜間・休日診療料】 100点 
【地域連携小児夜間・休日診療料】
1 地域連携小児夜間・休日診療料1 450点(改)
2 地域連携小児夜間・休日診療料2 600点(改)

【地域連携夜間・休日診療料】 200点(改)