1 在宅医療の促進について


キーワード|往診料|在宅時医学総合管理料|特定施設入居時等医学総合管理料|在宅患者緊急入院診療加算|在宅患者訪問診療料

平成24年度診療報酬改定の改定項目

在宅医療の促進について 骨子【重点課題2-1-(1)(2)】

第1 基本的な考え方
1.高齢化等に伴い、今後在宅医療の需要がますます高まることが予想され、在宅医療を担う医療機関の機能強化等がさらに重要となる。したがって、在宅療養支援診療所・在宅療養支援病院(以下「在支診・在支病」という。)の機能分化と連携等による機能強化を進める。
2.自宅以外で在宅療養を行う患者への医療サービスの提供を充実させるため、特定施設等入居者に対する訪問診療料について評価を行う。

第2 具体的な内容

1.機能を強化した在支診・在支病等への評価を行う。

[機能を強化した在支診・在支病の施設基準]
① 従前の在支診・在支病の要件に以下を追加する。
イ 所属する常勤医師3名以上
ロ 過去1年間の緊急の往診実績5件以上
ハ 過去1年間の看取り実績2件以上
② 複数の医療機関が連携して①の要件を満たすことも可とするが、連携する場合は、以下の要件を満たすこと。
イ 患者からの緊急時の連絡先の一元化を行う
ロ 患者の診療情報の共有を図るため、連携医療機関間で月1回以上の定期的なカンファレンスを実施
ハ 連携する医療機関数は10未満
ニ 病院が連携に入る場合は200床未満の病院に限る

(1) 24時間対応を充実させる観点から、緊急時・夜間の往診料の引き上げを行う。

現行 改定
【往診料】









在支診・在支病
 緊急加算 650点
 夜間加算 1,300点
 深夜加算 2,300点
在支診・在支病以外
 緊急加算 325点
 夜間加算 650点
 深夜加算 1,300点 
【往診料】
機能を強化した在支診・在支病
病床を有する場合
 緊急加算 850点(新)
 夜間加算 1,700点(新)
 深夜加算 2,700点(新)
病床を有しない場合
 緊急加算 750点(新)
 夜間加算 1,500点(新)
 深夜加算 2,500点(新)
在支診・在支病
 緊急加算 650点
 夜間加算 1,300点
 深夜加算 2,300点
在支診・在支病以外
 緊急加算 325点
 夜間加算 650点
 深夜加算 1,300点



(2) 在宅療養を行っている患者への総合的な医学管理を充実させる観点から、在宅時医学総合管理料の引き上げを行う。

現行 改定
【在宅時医学総合管理料】







在支診・在支病
 イ 処方せんを交付する場合 4,200点
 ロ 処方せんを交付しない場合 4,500点 
【在宅時医学総合管理料】
機能を強化した在支診・在支病
病床を有する場合
 イ 処方せんを交付する場合 5,000点(新)
 ロ 処方せんを交付しない場合 5,300点(新)
病床を有しない場合
 イ 処方せんを交付する場合 4,600点(新)
 ロ 処方せんを交付しない場合 4,900点(新)
在支診・在支病
 イ 処方せんを交付する場合 4,200点
 ロ 処方せんを交付しない場合 4,500点 



(3) 在宅療養を行っている患者への総合的な医学管理を充実させる観点から、特定施設入居時等医学総合管理料の引き上げを行う。

現行 改定
【特定施設入居時等医学総合管理料】







在支診・在支病
 イ 処方せんを交付する場合 3,000点
 ロ 処方せんを交付しない場合 3,300点 
【特定施設入居時等医学総合管理料】
機能を強化した在支診・在支病
病床を有する場合
 イ 処方せんを交付する場合 3,600点(新)
 ロ 処方せんを交付しない場合 3,900点(新)
病床を有しない場合
 イ 処方せんを交付する場合 3,300点(新)
 ロ 処方せんを交付しない場合 3,600点(新)
在支診・在支病
 イ 処方せんを交付する場合 3,000点
 ロ 処方せんを交付しない場合 3,300点 



(4) 入院が必要となるような急変時の対応を充実させる観点から、緊急時に在宅患者を受入れた場合に対する評価の引き上げを行う。

現行 改定
【在宅患者緊急入院診療加算】

1 連携医療機関の場合 1,300点
2 1以外の場合 630点 
【在宅患者緊急入院診療加算】
1 機能を強化した在支診・在支病間での受入の場合 2,500点(新)
2 連携医療機関の場合 2,000点(改)
3 1,2以外の場合 1,000点(改) 



2.特定施設入居者に対する訪問診療料の引き上げを行う。


現行 改定
【在宅患者訪問診療料】
1 同一建物以外 830点

2 同一建物 200点 
【在宅患者訪問診療料】
1 同一建物以外 830点
2 同一建物(特定施設) 400点(新)
3 同一建物(2以外) 200点

[算定要件]
2 同一建物(特定施設)
介護保険法第8条第11項に規定する特定施設、同条第19項に規定する地域密着型特定施設又は特別養護老人ホームにおいて療養を行っている患者について算定する。