2 在宅緩和ケア等の促進について


キーワード|在宅療養指導管理料|訪問看護療養費在宅患者訪問看護・指導料|在宅がん医療総合診療料|在宅患者訪問診療料 乳幼児加算・幼児加算|在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料|在宅小児経管栄養法指導管理料|注入ポンプ加算|在宅経管栄養法用栄養管セット加算

平成24年度診療報酬改定の改定項目

在宅緩和ケア等の促進について 骨子【重点課題2-1-(3)】

第1 基本的な考え方
患者が安心して在宅療養を行えるよう、在宅における緩和ケア等の促進を図る。

第2 具体的な内容

1.現在、在宅療養指導管理料については、同一の患者に対して、複数の医療機関が同一の在宅療養指導管理料を算定することは出来ないが、悪性腫瘍患者については、在宅医療を担う医療機関の医師と、緩和ケア病棟等の専門の医師とが連携して、同一日に診療を行った場合に限り、両者の算定を可能とする。

[算定要件]
緩和ケア病棟等に所属する緩和ケアに関する研修を受けた医師が、在宅医療を提供する医療機関の医師と連携して、同一日に同一患者を診療した場合。


2.がん専門訪問看護の評価

鎮痛療法又は化学療法を行っている入院中以外の緩和ケアニーズを持つ悪性腫瘍の患者について、医療機関等の専門性の高い看護師と訪問看護ステーションの看護師が同一日に訪問することについて評価を行う。

(新) 訪問看護療養費
がん専門訪問看護料 12,850円

(新) 在宅患者訪問看護・指導料
がん専門訪問看護料 1,285点

[算定要件]
5年以上がん患者の看護に従事した経験を有し、がん患者への緩和ケア等に係る6月以上の適切な研修を修了した者であること。


3.機能を強化した在支診・在支病の評価と併せて、在宅末期医療総合診療料の引き上げを行うとともに、名称の変更を行う。


現行 改定
【在宅末期医療総合診療料】







在支診・在支病
 1 処方せんを交付する場合 1,495点
 2 処方せんを交付しない場合 1,685点 
【在宅がん医療総合診療料】
機能を強化した在支診・在支病
病床を有する場合
 1 処方せんを交付する場合 1,800点(新)
 2 処方せんを交付しない場合 2,000点(新)
病床を有しない場合
 1 処方せんを交付する場合 1,650点(新)
 2 処方せんを交付しない場合 1,850点(新)
在支診・在支病
 1 処方せんを交付する場合 1,495点
 2 処方せんを交付しない場合 1,685点



4.小児在宅医療の充実について

(1) 在宅医療と入院医療の連携が重要であることから、在宅への移行を円滑なものとするため、在宅患者緊急入院診療加算を小児入院医療管理料算定病床でも算定可能とする。
重点課題1-1-⑤」を参照のこと。

(2) 小児在宅医療をより一層充実させる観点から、在宅患者訪問診療料の乳幼児加算・幼児加算を引き上げる。

現行 改定
【在宅患者訪問診療料 乳幼児加算・幼児加算】 200点 【在宅患者訪問診療料 乳幼児加算・幼児加算】 400点(改) 



5.在宅療養指導管理料の見直し

(1) 在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料の対象疾患に先天性水疱型魚鱗癬様紅皮症を加えるとともに評価を引き上げる。

現行 改定
【在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料】 500点

[対象者]
表皮水疱症 
【在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料】 1,000点(改)

[対象者]
表皮水疱症、水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症



(2) 在宅で療養中の小児患者について、経管栄養法に関する指導管理を行うことを評価するとともに、注入ポンプ加算及び経管栄養法用栄養管セット加算の算定対象を見直す。

(新) 在宅小児経管栄養法指導管理料 1,050点

[算定要件]
在宅で療養中の小児患者であって、特に経管栄養が必要な患者に対して必要な指導・管理を行った場合に算定する。


現行 改定
【注入ポンプ加算】 1,250点

[算定要件]
在宅中心静脈栄養法、在宅成分栄養経管栄養法を行っている患者又は在宅で鎮痛痛療法、化学療法を行っている末期の悪性腫瘍の患者に対して、注入ポンプを使用した場合に算定する。

【注入ポンプ加算】 1,250点

[算定要件]
在宅中心静脈栄養法、在宅成分栄養経管栄養法、在宅小児経管栄養法を行っている患者又は在宅で鎮痛痛療法、化学療法を行っている末期の悪性腫瘍の患者に対して、注入ポンプを使用した場合に算定する。

【在宅成分栄養経管栄養法用栄養管セット加算】 2,000点

[算定要件]
在宅成分栄養経管栄養法を行っている患者に対して栄養管セットを使用した場合に算定する。 
【在宅経管栄養法用栄養管セット加算】 2,000点

[算定要件]
在宅成分栄養経管栄養法又は在宅小児経管栄養法を行っている患者に対して栄養管セットを使用した場合に算定する。