[通知] 04 経過措置等


[通知]訪問看護ステーションの基準に係る届出に関する手続きの取扱いについて

第4 経過措置等

第2及び第3の規定にかかわらず、平成24年3月31日現在において、届出が受理されている訪問看護ステーションについては、次の取扱いとする。
平成24年3月31日において現に表1に掲げる訪問看護療養費以外の訪問看護療養費を算定している訪問看護ステーションであって、引き続き当該訪問看護療養費を算定する場合には、新たな届出を要しないが、平成24年4月以降の実績により、届出を行っている訪問看護ステーションの基準の内容と異なる事情等が生じた場合は、変更の届出を行うこと。

表1 新たに基準が創設されたことにより、平成24年4月以降において当該費用を算定するに当たり届出の必要なもの
精神科訪問看護基本療養費(平成24年3月31日において、現に訪問看護基本療養費(Ⅱ)の届出を行っている訪問看護ステーションを除く。)
訪問看護基本療養費の注2及び注4に規定する専門の研修を受けた看護師

表2 訪問看護療養費の項目の名称が変更されたが、平成24年3月31日において現に当該費用を算定していた訪問看護ステーションであれば新たに届出は必要でないもの
重症者管理加算→ 特別管理加算
訪問看護基本療養費(Ⅱ) → 精神科訪問看護基本療養費