・どのような場合に地方厚生(支)局へ報告を行う必要があるのか。


疑義解釈資料の送付について(その1)(平成24年3月30日厚生労働省事務連絡)

紹介率の低い医療機関の初診料・外来診療料

(問6)
どのような場合に地方厚生(支)局へ報告を行う必要があるのか。


(答)
紹介率・逆紹介率が当該基準よりも低い場合は、報告を行う必要がある。当該基準よりも高い場合は、報告を行う必要はない。