・複数医療機関による連携による対応を行う場合、どのような連携であれば認められるのか。


疑義解釈資料の送付について(その1)(平成22年3月29日厚生労働省事務連絡)

地域医療貢献加算

(問2)
複数医療機関による連携による対応を行う場合、どのような連携であれば認められるのか。


(答)
原則、自院で対応することとするが、やむを得ない事情がある場合は、2,3の医療機関の連携による対応も可能である。その場合においても、事前に患者及び関係者に連携医療機関での対応となることを伝えておくこと。