・患者からの問い合わせに対して、携帯メール等で対応することも認められるのか。


疑義解釈資料の送付について(その1)(平成22年3月29日厚生労働省事務連絡)

地域医療貢献加算

(問4)
患者からの問い合わせに対して、携帯メール等で対応することも認められるのか。


(答)
原則、電話での対応とするが、患者の同意を得た上で、できるだけ速やかに応答することを条件に携帯メール等の併用も認める。