・疾患別リハ医学管理料を算定している患者が、新たな疾病を発症し、若しくは急性増悪等により改めて疾患別リハを実施すべき状態となった場合は、改めて疾患別リハを算定できると考えるがいかがか。


疑義解釈資料の送付について(その7)(平成19年4月20日厚生労働省事務連絡)

(問18)
疾患別リハビリテーション医学管理料を算定している患者が、新たな疾病を発症し、若しくは急性増悪等により改めて疾患別リハビリテーションを実施すべき状態となった場合は、改めて疾患別リハビリテーション料を算定できると考えるがいかがか。


(答)
そのとおり。