・疾患別リハの施設基準における専用の機能訓練室とは、他の疾患別リハの施設基準に定める専用の機能訓練室と兼用できるのか。


疑義解釈資料の送付について(その2)(平成18年3月28日厚生労働省事務連絡)

(問3)
疾患別リハビリテーションの施設基準における専用の機能訓練室とは、他の疾患別リハビリテーションの施設基準に定める専用の機能訓練室と兼用できるのか。


(答)
疾患別リハビリテーションに「専用」との趣旨であるので、同じ時間帯でも兼用できる。ただし、心大血管疾患リハビリの実施時間帯は兼用できない。また、言語聴覚療法については、遮蔽に配慮した言語聴覚療法のための専用室が必要であり、当該機能訓練室とは異なるものとして、これとは別に確保が必要。