・認知症をもつ高齢者に外来で精神療法を実施した場合には、算定できるのか。


疑義解釈資料の送付について(その5)(平成18年4月28日厚生労働省事務連絡)

(問46)
認知症をもつ高齢者に外来で精神療法を実施した場合には、通院精神療法を算定できるのか。


(答)
従前通り、通院精神療法の対象精神疾患の合併症である知的障害、認知症、心身症及びてんかんに対して通院精神療法を実施した場合には、算定できる。