・末梢血液像について、どのような場合に、鏡検法を行うのか。


疑義解釈資料の送付について(その1)(平成24年3月30日厚生労働省事務連絡)

(問132)
末梢血液像について、どのような場合に、鏡検法を行うのか。。


(答)
例えば造血器疾患や感染症や自己免疫疾患を疑う場合など、医学的に妥当適切な場合に実施すること。