・骨髄像診断加算について、専門の知識を有する医師とは、具体的にどのような診療科の医師を指すのか。


疑義解釈資料の送付について(その1)(平成24年3月30日厚生労働省事務連絡)

(問138)
D026検体検査判断料の骨髄像診断加算について、専門の知識を有する医師とは、具体的にどのような診療科の医師を指すのか。


(答)
たとえば、血液内科医、小児科のうち血液系疾患を専門とする医師、臨床検査に従事する医師、病理に従事する医師等である。