・2以上の手術を同時に行い、従たる手術において使用された手術医療機器等について加算が算定できるが、従たる手術の費用が算定できない場合は、算定できるか。


疑義解釈資料の送付について(その1)(平成24年3月30日厚生労働省事務連絡)

(問180)
2以上の手術を同時に行い、「診療報酬の算定方法」第10部手術の「通則14」に基づき費用を算定する場合に、従たる手術において使用された手術医療機器等について手術医療機器等加算が算定できるが、従たる手術の費用が算定できない場合は、手術医療機器等加算だけが算定できるか。


(答)
算定できない。