・スケーリングは、歯周病に罹患している部位か否かにかかわらず、口腔内の全顎にわたって実施することが必要か。


疑義解釈資料の送付について(平成20年5月9日厚生労働省事務連絡)

(問19)
スケーリングは、歯周病に罹患している部位か否かにかかわらず、口腔内の全顎にわたって実施することが必要か。


(答)
スケーリングは、歯周病に罹患している部位に対して適切に実施するものである。