Q&A M009 充填


疑義解釈資料の送付について(その6)(平成18年7月31日厚生労働省事務連絡)

(問13)
M009に掲げる「充填」の「2 複雑なもの」とは隣接歯との接触点又は接触点相当部を含む窩洞に対して行う充填をいうものとされているが、当該歯の近遠心側のいずれか一側又は両側に隣接歯を欠く場合にあっては、どのように算定すればよいか。


(答)
当該事例の場合は、欠損歯側の最大膨隆部は接触点相当部であるため、この部位を含む窩洞への充填を行った場合は、M009に掲げる「充填」の「2 複雑なもの」を算定して差し支えない。