・保険診療による歯科矯正において、必要があって手根骨を撮影した場合の算定方法如何。


疑義解釈資料の送付について(その3)(平成20年7月10日厚生労働省事務連絡)

(問11)
保険診療による歯科矯正において、必要があって手根骨を撮影した場合の算定方法如何。


(答)
歯科点数表第4部「画像診断」に掲げる画像診断料以外の画像診断料の算定は、医科点数表の例により算定する。