・従来の要件に加えて、1剤で3種類以上の内服薬を服用時点ごとに一包化薬として調剤した場合にも算定できることとされたが、以下の例は、どのように算定することになるのか。


疑義解釈資料の送付について(平成20年5月9日厚生労働省事務連絡)

(問2)
一包化薬については、従来の要件(2剤以上の内服薬を服用時点ごとに一包化薬として調剤した場合)に加えて、1剤で3種類以上の内服薬を服用時点ごとに一包化薬として調剤した場合にも算定できることとされたが、以下の例においては、どのように調剤料を算定することになるのか。なお、いずれも処方医による一包化の指示があるものとする。

例1)
処方1 A錠、B錠、C錠 1日3回毎食後 × 14日分
処方2 D錠 1日1回朝食前 × 14日分
処方3 E錠 1日1回就寝前 × 14日分

例2)
処方1 A錠、B錠、C錠 1日3回毎食後 × 14日分
処方2 D錠、E散 1日2回朝夕食後 × 14日分

例3)
処方1 A錠、B錠、C錠 1日3回毎食後 × 14日分
処方2 D錠、E散、F散 1日1回朝食前× 14日分
処方3 G散 1日1回就寝前× 14日分


(答)
例1においては、処方1が1剤で一包化薬の要件を満たしており、かつ、処方2と処方3は、処方1とは服用時点が重複していないことから、処方1について一包化薬調剤料を算定する。
また、一包化薬については内服薬に準じて剤数に含めることとされており、内服薬は3剤まで算定可能であることから、以下のとおり、処方1に係る一包化薬調剤料と別に、処方2及び処方3について内服薬調剤料を算定することができる。
処方1 一包化薬調剤料 89点×2(14日分)
処方2 内服薬調剤料 63点(14日分)
処方3 内服薬調剤料 63点(14日分)

例2においては、処方1のみで一包化薬の要件を満たすものの、処方2と服用時点が重複しており、処方1と処方2の全体で一包化薬の要件を満たすと考えるべきであることから、以下のとおり、全体として一包化薬を算定し、処方2を別に内服薬として算定することはできない。
処方1 一包化薬調剤料 89点×2(14日分)
処方2 算定なし

例3においては、処方1(1剤)と処方2(1剤)のいずれも一包化薬の要件を満たしており、かつ、処方1,処方2及び処方3の間で服用時点の重複はないことから、処方1又は処方2のいずれか一方について一包化薬調剤料を算定する。
また、処方1と処方2はいずれも内服薬の1剤相当であり、内服薬は3剤まで算定可能であることから、以下のとおり、処方1を一包化薬として算定した場合は、処方2及び処方3を内服薬として算定することができる。同様に、処方2を一包化薬として算定した場合は、処方1及び処方3を内服薬として算定することができる。
(処方1を一包化薬として算定した場合)
処方1 一包化薬調剤料 89点×2(14日分)
処方2 内服薬調剤料 63点(14日分)
処方3 内服薬調剤料 63点(14日分)
(処方2を一包化薬として算定した場合)
処方1 内服薬調剤料 63点(14日分)
処方2 一包化薬調剤料 89点×2(14日分)
処方3 内服薬調剤料 63点(14日分)