・「後発医薬品に関する情報」は、薬剤情報提供文書により提供することとされているが、当該情報は必ず同一の用紙でなければ認められないのか。


疑義解釈資料の送付について(その2)(平成24年4月20日厚生労働省事務連絡)

(問1)
薬剤服用歴管理指導料の新たな算定要件に追加された「後発医薬品に関する情報」は、薬剤情報提供文書により提供することとされているが、当該情報は必ず同一の用紙でなければ認められないのか。


(答)
患者にとってわかりやすいものであれば、別紙であっても差し支えない。