通知‎ > ‎

[通知]保険医の使用医薬品(掲示事項等告示第6関係)及び保険薬剤師の使用医薬品(掲示事項等告示第14関係)に係る留意事項について


保険医の使用医薬品(掲示事項等告示第6関係)及び保険薬剤師の使用医薬品(掲示事項等告示第14関係)に係る留意事項について(平成24年3月5日保医発0305第9号)

保険医及び保険薬剤師の使用医薬品については、「療担規則及び薬胆規則並びに療担基準に基づき厚生労働大臣が定める掲示事項等」(平成18年厚生労働省告示第107号。以下「掲示事項等告示」という。)の第6及び第14に定められているところであるが、当該告示については、平成24年厚生労働省告示第75号をもって改正され、平成24年4月1日から適用されることとなった。
今回の改正の概要は、下記のとおりであるので、貴管下の保険医療機関、審査支払機関等に対して周知徹底をお願いする。


1 使用薬剤の薬価(薬価基準)の一部を改正する件(平成24年厚生労働省告示第79号)の別表及び掲示事項等告示の別表第3に収載されている医薬品について、保険医が施用し又は処方すること及び保険薬剤師が使用して調剤することができることとしたものであること。

2 医療上の需要がなくなる等の理由により、製造販売業者から今後供給する予定がなく、既に製造販売承認及び許可の廃止の手続がとられた医薬品について、掲示事項等告示の別表第1、別表第2、に収載し、経過措置品目としたものであること。
なお、経過措置品目とされた医薬品の使用期限は、別表第1については平成24年8月31日限りとし、別表第2については平成25年3月31日限りとしたものであること。

3 掲示事項等告示の別表第1に収載された医薬品の品目数は、次のとおりであること。

区分 内用薬 注射薬 外用薬 歯科用薬剤 計 
品目数 39 24 65 


4 掲示事項等告示の別表第2に収載された医薬品の品目数は、次のとおりであること。

区分 内用薬 注射薬 外用薬 歯科用薬剤 計 
品目数 127123331284 


5 掲示事項等告示の別表第3に収載された医薬品の品目数は、次のとおりであること。

区分 内用薬 注射薬 外用薬 歯科用薬剤 計 
品目数 0414146